ハスラーの燃費比較!「4wd」vs「ターボ」vs「mt」!

まずは、ハスラーのグレードですが、ハスラーのグレードは大きく分けて3つしかありません。

グレードは、「A」「G」「J」しかありません。

特別仕様車は、「G」「J」をベースとして造られています。

ハスラーは、クロスオーバーSUVの軽自動車です。

人気の秘密は、その愛くるしい「外観と燃費の良さ」そしてスズキが誇る、「セーフィティーサポート」安全性能です。そしてカラーバリエーション。

その割には、お求め安い値段である事が人気の秘密になっています。

ハスラーを買って良かったという人の口コミを紹介しますね。

ハスラーを買う決め手となったのは、

1  エクステリア

2  他社の軽より実燃費に優れている

3  自分が購入を検討している時、ターボのS‐エネチャージに加えて、お得な特別仕様車がさらに出ていたので、購入に必要な条件が揃った。

という口コミです。

 

ここからは、口コミにもあったハスラーの燃費、安全性能、そしてハスラーの顔でも

あるエクスペリアも紹介していきたいと思います。

ハスラーで燃費がいいのはどのタイプ!?

ところで、「4WD」「ターボ」の区別ってしっかりついていますか?

●  「4WD」の機能に関しては、悪路での走行、雪道や下り坂に恐怖心を覚えない。

  ターボの機能はパワーがある事。登坂でもパワー不足を感じず、走行性能が大きく向上する。

走りを求める人であっても十分に対応できるでしょう。

 

ただ「2WD」であっても「4WD」であっても「ターボ」であっても乗る人の環境によって違ってきます。そのあたりは人それぞれだと思います。

MTについては、カタログ燃費、実燃費とも乗る人次第という事が言えると思います。

丁寧に乗るならCVT車よりも燃費は良くなるようです。

 

そしてメリットとして、5MT車は重量が軽くなります。操縦の楽しさをも味わえます。

もし、グレード「A」を選ぶのであれば5MTの4WDがおススメです。

グレード「A」は元々の重量が軽い為、「4WD」を選んだとしても性能面での差は無いと思われます。

ただし、車中泊には無理があります。

実燃費とカタログ燃費の差は、こちらの記事を参考して下さい。

ハスラー「A」

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/index_a.html

燃費

グレード カタログ燃費 実燃費
A   CVT 26.6km/L 15.9~21.2km/L
5MT 24.8km/L 14.8~19.8km/L
2WD CVT 26.6km/L 15,9~19.3km/L
4WD  CVT 25.6km/L 15,3~20.4km/L

価格

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/index_a.html

いたってシンプルなグレードですが、燃費はスズキの技術により、決して悪くはありません。

値段が100万そこそこなのが魅力ですね。

ハスラー「G」

2トーンルーフ

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/index_g.html

燃費

グレード カタログ燃費 実燃費
2WD  CVT 32.0km/L 19.2~25.6km/L
2WD  5MT 26.4km/L 15.8~21.1km/L
4WD  CVT 30.4km/L 18.2~24.3kmL
4WD  5MT 25.6km/L 15.3~20.4km/L
2WD  ターボ

(CVT)

27.8km/L 16.6~22.2km/L
4WDターボ

(CVT)

26.2km/L 15.7~20.9km/L

価格

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/index_g.html

グレード「G」からハスラーらしさが加わってきました

ボデイーカラーも全てが選べるようになります。

インテリアに関しても、パイピング装飾が施されています。

 

装備面では、S-エネチャージ、アイドリングストップは元より、

  • フルオートエアコン
  • レーダーブレーキサポート
  • 2スピーカー(フロント2)

などが「A」グレードより装備面でもプラスされています。

「G」には単色と、2トーンルーフ仕様とがありますが、燃費に関しては変わりはありません。

「G」グレードのカラー色は、単色が5色展開、2トーンカラーが6色展開となっています。

ハスラーらしいカラーが魅力です。

ハスラー「J」


出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/index.html

燃費

グレード カタログ燃費 実燃費
2WD  CVT 32.0km/L 19.2~25.6km/L
4WD  CVT 30.4km/L 18.2~24.3km/L
2WD  ターボ

(CVT)

27.8km/L 16.6~22.2km/L
4WD  ターボ

(CVT)

26.2km/L 15.7~20.9km/L

 

「G」グレードをさらに豪華にした仕様

「G」との違いは、サイドターンランプがサイドミラーにつき、ヘッドランプは、ディスチャージヘッドランプが標準装備となりました。

レーダーブレーキサポートがデュアルカメラサポートに変わり、

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/safety/

タイヤホイールはアルミホイール仕様となります。その他に、

  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先進車発信お知らせ機能

が搭載されています。

ハスラーには、S-エネチャージが付いています。

これが燃費向上をさせている技術です。

スズキ自慢の機能で、減速時においてのエネルギーで発電や充電をすることで、発進時の加速をサポートしてくれます。

その他にも、アイドリングストップ機能が搭載されていて、この機能によりスムーズに、エンジンを再起動することができるのです。

 

このS-エネチャージは「A」グレードには装備されていません。

車の仕様はこれでおおよそ決まります。

 

後はタイプを決めていく事になりますね。

タイプの標準は、2WDターボ無しです。

これでも充分なクロスオーバーUSV車としての機能なのですが、目的によってはSUV機能の充実を図りたい。

 

住んでいる環境によってターボを付けたり、4WDの選択をしたりもありです。

ここでハスターに対する口コミを見てみましょう。

G2WD

[エクステリア] 十分

[インテリア]  シンプル

[エンジン性能] 意外とパワフル、ほとんど踏み込む事なし、坂道も踏めば登ります。

[走行性能]  必要十分

[乗り心地]  車高が高いので、少しフワフワ

[燃費]   文句なし!街乗りで15km以上、高速では20km以は普通

[総評]   とても気に入っています。フロントのルックスが可愛くて
大好き!ターボはいらないので「G」にしました。私には「G」で大正解!

この方の満足度として、5段階評価の5をつけています。

ハスラーに関して悪い口コミというのは、ほとんどありません。

特に燃費に関しては、ほとんどの人が高い評価をしています。

ここで価格面での比較もしておきましょう。

「A」と「G」との価格差は17万2千円程度です。

「G」と「J」との価格差は18万8千円程度です。

この価格差をどうとらえるでしょうか?

ハスラーで人気なのが「G」グレードです。

エクスペリア、インテリア、装備面を含め、グレード「G」がお買い得でしょうか。

ただし、ハスラーに高級感やさらなる性能を求めるのであれば、

「G」「J」をベースとした特別仕様車があります。

FリミテッドⅡ

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_f_limited2/

燃費

グレード カタログ燃費 実燃費
2WD  CVT 32.0km/L 19.2~25.6km/L
4WD  CVT 30.4km/L 18.3~24.3km/l

価格

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_f_limited2/

FリミテッドⅡは「G」グレードがベースとなった特別仕様です  💛

スズキが誇る「スズキセーフィティーサポート」

  • レーダーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能

これらが搭載されています。

 

またメーカーオプションとして、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発信お知らせ機能が装備され、全方位モニター用カメラのパッケージがセットで選択可能となりました。

エクステリアとしては、「スチールシルバー」の2トーンルーフ。

車体色同色のフロント、リアバンパーガーリッシュの採用、これらはハスラー初となります。

よりアクティブに、ハスラーのカジュアルな印象が深まった仕様です。

 

その他にも、LEDサイドターンランプつきドアミラー。

「ナノイー」搭載フルオートエアコンを採用する事で装備面での充実にも力を入れました。

「G」グレードの特別仕様車として高級感や装備面でも充実しています。

「G」とFリミテッドの価格差は15万7千円程度、ん~!!ですね。

JスタイルⅢ

出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_j_style3/interior/index.html

燃費

グレード カタログ燃費 実燃費
2WD  CVT 32.0km/L 19.2~25.6km/L
4WD  CVT 30.4km/L 18.3~24.3km/L
2WD  ターボ

(CVT)

27.8km/L 16.6~22.2km/L
4WD  ターボ

(CVT)

26.2km/L 15.7~20.9km/L

価格
出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_j_style3/interior/index.html

JスタイルⅢは「J」グレードをベースとして造られた特別仕様車です。

高級感を感じさせる濃いコバルトブルーの『ネイビー』でコーディネイトされています。

 

座席シートには、レザー調とファブリックシート素材が使用されていて、「ブラウン」で配色されたシートサイドとヘッドレストは『ネイビー&ブラウン』のコーディネイト。

 

後部座席も同色のコーディネイト、そして張りのあるレザー調の仕上げ。

シックでありながらもスタイリッシュ

そしてJスタイルⅢは、安全性能をさらに強化しました!

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発信お知らせ機能

これらが標準装備になりました。

メーカーオプションになりますが、全方位モニター用カメラパッケージが装備出来ます。

「J」の2トーンカラーとの価格差は、7万9千900円。

これお買い得ではありませんか?

タフワイルド

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/detail/

燃費

グレード カタログ燃費 実燃費
2WD  CVT 32.0km/L 22~33km/L
4WD  CVT 30.4km/L

価格

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/detail/

タフワイルドは、従来のハスラーとその趣を大分変えました。

Aピラーからリアクォターパネルをブラックにした2トーンカラーが最大の特徴です

ボディーカラーは全5色。

スペックは全てブラックとの2トーン。

 

インテリアは、専用色である「オフブルー」のインパネ。

専用シートはJスタイルⅢと同じ、レザー調とファブリック素材を組み合わせたものとなっています。

 

安全装備面では、「スズキセーフティーサポート」の搭載を始めとして、

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 先進車発信お知らせ機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能

デュアルカメラブレーキは、「G」グレードではオプション装備になっていましたが標準装備になりました。

 

オプションとしては、全方位モニター用カメラパッケージの設定があります。

その他には、

  • ディスチャージヘッドランプ
  • LEDフロントフォグランプ

これらの装備に「ナノイー」が備え付けられたフルオートエアコンの導入。

 

装備面の充実が図られました。

タフワイルドは「G」グレードをベースに造られた特別仕様車です。

「G」の2トーンと値段を比較してみましょう。

価格差17万、、、チョットかな~ 😥

ただ、JスタイルⅢと比べると9万7千円程安くなります。

 

タフワイルドは、もしかして好みも出るかもしれないので、この当たりは何とも言えません。

最後に燃費に関する口コミでまとめましょう。

♣  通勤ルートが郊外の流れがいい道だったので、年間平均リッター23km

お見事👏

♣  32kmは流石に無理、、、街乗り19kmはいける。

  燃費は20~21km/L(1700kmで約85L、普段の街中で19~20km/L)

  悪い。でもジムニーよりはいい。軽自動車の燃費ではないと思う。

買って3000kmほど走りましたが、燃費はおよそ27km/L、一般的に

考えていいほうだと思う。

ハスラーのカタログ値が良すぎ。

この様な声がありました。

参考にして、貴方のハスラーを探して下さいね。