ハスラータフワイルドはターボがない?ターボ仕様のハスラーはある?

2018年7月17日に発売されたハスラー「タフワイルド」。

今回マイナーチェンジされた「タフワイルド」の特徴は、Aピラーとルーフリヤクォーターパネルがブラックに変更された事。

そして、安全面でデュアルカメラブレーキサポートの搭載が、標準装備となった事です。

ハスラーファンにとっては、マイナーチェンジで発売された今回の「タフワイルド」は、ターボ仕様なのかどうか、とても気になるところですよね。

次の章で解説していきましょう。

ハスラー「タフワイルド」にターボ仕様車はある?

結論から言ってしまえば、

今回の「タフワイルド」には、ターボ仕様車はありません。

2WDと4WDのSUV仕様での展開となっています。

ツィーターでの投稿には、ターボ車を心待ちしていたファンも多いようですね。

この当たりは少し残念という感じなのでしょうか。

 

これからハスラーを買おうと思っている人へ、ターボ車とノンターボ車では、

どの位走りに影響があるのでしょうか?

 

新型ハスラーの走行システムは?悪路走破性能については?

スズキの新型ハスラーは、クロスオーバーモデルとして、悪路での走行性能が高められています。

タイヤサイズのアップ、そしてサスペンションの変更により最低地上高180㎜(2WD)が確保されていて、

対障害角度においても、車体前後端に設置することによって、

アプローチアングルを28度、デパーチャアングル46度という、

クロスオーバーモデルとしては、トップクラスとして保持されています。

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/safety/

4WD、CVT車においては、雪道やぬかるみなど滑りやすい路面によるスリップで駆動力が逃げてしまう場合は、空転による車輪ブレーキの制御を早め、

グリップ側の車輪に駆動力を集中させ発信をサポーする「グリップコントロール」を採用しています。

口コミからターボ車に関するものをいくつか挙げてみます。

自分は(4WD)にしましたが、若干後悔しています。

(台車で乗った、ノンターボの方がスムーズだったので、、、)

一番軽いターボ2WDで750㎏、一方でXターボだと870㎏、120㎏の差がでます。

大人1人、子供2人を余計に乗せていると同じになります。

ノンターボの2WDよりも4WDの方がパワーがある。

同じ4WDを選ぶのであれば、4WDのターボを選ぶほうが賢明かと思う。

信州に住んでいて、通勤路の半分は坂道。

普通車からの乗り換えのため、購入前にノンターボとターボ(4WD)の試乗をした

結果として4WDターボにしました。

ノンターボでも、平坦な道では軽快に走ってくれる為、これで十分と思っていましたが、斜度のある坂道では、所詮660㏄。

普通車と同じペースで走ろうとするならば、アクセルを深く踏み込む事になります。

その点では、ターボはやたらとアクセルを踏み込むこともないので、快適に走る事が出来ます。

ターボの不満としては、燃費が16/kmから上がらずオイル交換の頻度がノンターボより、多少多くなるというところでしょうか。

ただ普通の街乗りをしている人は、ターボはいらないというコメントが多く見られます。

こうして見ていくと、自分の生活の範囲以内でターボが必要なのか、また必要でないのかの基準になると思います。

常に坂道の多い所を走らなければならないのでは、ターボ車の方がストレスを感じずにすみます。

 

逆に普段、街乗りが主で、たまに遠出という方には、ターボは必要ないかと思います

今回の「タフワイルド」はクロスオーバー風SUV車ではありますが、ターボ仕様ではありません。

これが何を意味するのか?

タフワイルド」は街乗り主流として造られたのか?

ターボを必要とするならば、jスタイルⅢにすべきとしたのか?

スズキという会社の戦略なのか?

この当たりの事に触れている記述はありません。

ハスラーのターボ仕様グレード紹介

現在ディーラーで取り扱っているターボ仕様車は、ハスラーG Xと、特別仕様車

jスタイルⅢです。

MT車に関しては、発売はされていないのでCTV車のみとなります。

Gターボ

価格

Gターボのボディー色

  • パッションオレンジホワイト2トーン
  • サマーブルーメタリックホワイト2トーンルーフ
  • チアフルピンクメタリックホワイト2トーンルーフ
  • ムーンライトバイオレットパールメタリックホワイト2トーンルーフ
  • アクティブイエローブラック2トーンルーフ
  • フェニックスレッドパールブラック2トーンルーフ
  • クールカーキパールメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • シフォンアイボリーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • ピュアホワイトパール

Xターボ

価格表

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/

Xターボのボディー色

  • パッションオレンジホワイト2トーンルーフ
  • サマーブルーメタリックホワイト2トールーフ
  • チアフルピンクメタリックホワイト2トーンカラー
  • ムーンライトバイオレットパールメタリックホワイト2トーンルーフ
  • アクティブイエローブラック2トーンルーフ
  • フェニックスレッドパールブラック2トーンルーフ
  • クールカーキパールメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • シフォンアイボリーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • ピュアホワイトパール

特別仕様車jスタイルⅢ

価格

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_j_style3/detail/

特別仕様車jスタイルⅢのボディー色

  • ブレイクカーキパールスチールシルバー2トーンルーフ
  • アーバンブラウンパールメタリックスチールシルバー2トーンルーフ
  • アクティブイエロースチールシルバー2トーンルーフ
  • オフブルーメタリックスチールシルバー2トーンルーフ
  • シフォンアイボリーメタリック2トーンルーフ
  • ピュアホワイトパールブラック2トーンルーフ

全車パネルは、高級感を思わせるネイビー。

シートは、レザー調にファブリックシートの表皮。

質の高さを演出しています。

以上のようになります。

走りだけを求めるのであれば、ハスラーGタイプ。Xタイプ。

こちらの検討をおススメします。

軽でも力強い走りを体験出来るでしょう。

 

実際にターボとノンターボを乗り比べてみて、ターボの加速の良さが分かったという人もいます。

ただ、先にも述べましたように、乗る人の使用目的が、ターボを必要とするか、しないのかによるところが大きいと思います。

口コミで、ターボにこだわる人は、男性が多い傾向にありました。

ハスラー「タフワイルド」は今後ターボ仕様車の発売予定はある?

ハスラーの中に、新しく仲間入りしたハスラー「タフワイルド

特別仕様車「タフワイルド」、この車にターボ車の発売があるとしたら、、、ただ現在では、jスタイルⅢが発売されている関係上、次に発売されるのは特別仕様車jスタイルⅣなのかな?との予想もあります。

 

また、ジム二ーがフルモデルチェンジしたことで、ハスラーのフルモデルチェンジまで期待している人もいるようです。

 

でも今の所では、次の新たなターボエンジン搭載のハスラーターボ仕様の発売は、決まっていないようです。

 

ターボ仕様の「タフワイルド」には期待が寄せられています。

ここで簡単ですが、エコカーの減税にも触れておきましょう。

エコカー減税の面からみると、ターボ車は少なからず、減税率は下がります。

 

ですが、減税対象車である事は嬉しいと言えます。

スズキの「Sチャージ」の搭載されているNA、CVT車は重量税の他に所得税が免税、又は非課税なので、ターボ車に「Sエネチャージ」が搭載されたことで、税率面にも影響を与え大きなものとなっています。

消費者にとっては、嬉しいことです。

 

年々税金面では、厳しくなっている現状。

普通車から軽自動車に変える人は増えています。

もうそんなに大きな車はいらない。性能のいい軽であれば乗り換えたい。

そう思っている人は多いようです。

 

ハスラーは、おしゃれで安全面においても悪いという人はいません。

これからの時代、ハスラーのような車は重要視されてくると思います。

ハスラーも難しい時期に差し掛かっているのは確かです。

そこは、スズキという会社の底力をかけて乗り越え、ハスラーユーザー、そして新たなハスラーユーザーになる人にとって納得のいく車造りお願いしたいと思います。