【ハスラー】タフワイルドと従来モデルの違い!カラー・内装・価格を比較!

スズキ自動車は、2018年7月17日

クロスオーバー風モデルで人気のハスラーに特別仕様車タフワイルドを加え発表しました。

今回の‟タフワイルド”のテーマは、“もっとタフに、もっと自由に″

今までのハスラーは、どちらかというと女性ウケのいい車でしたが、‟タフワイルド”は逞しさを表現したことで、男性ウケを意識して造られら特別仕様車という感じです。

ハスラーとタフワイルドの違いとは?

従来のモデルとの主な違いは、前後を2トーンカラーとしたデザインと、ハスラーの特色であるカラーと内装にあります。

 

タフワイルド”の特徴は、

Aピラーからリアクォータパネルをブラックにした、

2トーンカラーが最も大きな特徴と言えます。

出典元:https://www.webcg.net/articles/gallery/39118#image-2

今までのハスラーより、2トーンカラーのボディーとの塗り分けをより鮮明にした事で、この車を印象深いものとし、新鮮さが感じられるようになりました。

 

タフワイルドのボディーカラーは、全5色スペックは全てブラックとの2トーン。

 

内装は、テーマとしている「使い込むほどに愛着の湧く」として、インテリアは専用色である「オフブルー」のインパネ。

専用シートは、レザー調とファブリック素材を組み合わせたものとなっています。

 

安全装備に関しては、スズキの予防安全技術、「スズキセーフティ―サポート」の搭載を始めとして

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 先進車発信お知らせ機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能

デュアルカメラブレーキ機能は、Gグレードではオプション装備になっていましたが標準装備になりました。

 

オプションとしては、全方位モニター用カメラパッケージの設定があります。

その他には

  • ディスチャージヘッドランプ
  • LEDフロントフォグランプ

の他にも「ナノイー」が備えつかられたフルオートエアコンの導入。

 

ちなみに、「ナノイー」とはカテキンエアフィルターの事をいいます。

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/

最先端テクノロジーから生まれた「ナノイー」は、エアコンから出た空気をキレイにしてくれるイオンです。

密封された車内空間では、水に包まれ電気を帯びたイオンの効果で、乾燥しがちな車内を快適にしてくれます。

従来ハスラーとタフワイルドのカラーの違い!

従来のハスラーと‟タフワイルド”の違いは、何と言ってもその外観にあります。

Aピーラーからリアクォータパネルをブラックのペイントとし、ワイルド感を表現。

それと同調するように、2トーンカラーの塗り分けをより鮮明にした事で、今までのハスラーとの区別がはっきり分かり、新たな印象となっています。

 

それでは、‟タフワイルド”のボディーカラーを見てみましょう。

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/detail/

オフブルー×メタリックブラック2トーン

タフワイルド”のメインカラー。

こちらのカラーはjスタイルⅢで登場したオフブルーと同じ展開となります。

オフブルーに黒の2トーン。

スタイリッシュな中に、シャープさが加わったカラーです。

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/detail/

アクティブイエロー×ブラック2トーン

従来通りのポップカラーのイエロー。

乗る人を元気にしてくれる色です。

こちらの色もjスタイルⅢでの展開色と同じカラー。

 

黒との2トーンが、見た目のインパクトさを強調した色となっています。

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/detail/

ブリスクブルー×メタリックブラック2トーン

こちらの色は、FリミテッドⅡのメインカラーとして使われた色です。

明るいメタリックブルーと黒との2トーンはこの車にワイルドさを与えました。

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/detail/

スチールシルバーメタリック×ブラック2トーン

初代ハスラーの色が使われたスチールシルバーメタリック。

 

ともすれば暗い印象になりがちですが、落ち着きのある色にワイルドさが加わった色となっています。

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/detail/

フェニックスレッドパール×ブラック2トーン

この赤は、初代ハスラーでもjスタイルⅡでも使用されている色です。

赤のパールの鮮やかさに、黒色の2トーンが大人の色へ。

大人の女性に好まれそうな色です。

 

タフワイルド”カラーの展開は5色ですが、

それぞれの色によって印象が変わってきます。

 

全体的な印象としては、黒を使ったことによる落ち着きのある色展開と共に、ワイルドさを感じさせてくれるものとなっています。

アウトドアにしても、街乗りにしても、チョット外国の車の風景を連想させてくれる部分が新鮮です。

その他に、

出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_tough_wild/styling/index.html

フロントとバンパーガーニッシュがボディー色と同色。

統一感を持たせています。

出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_tough_wild/styling/index.html

リヤバンパーも車体と同色。

出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_tough_wild/styling/index.html

15インチのスチールホイールのタイヤは専用色のブラックメタリック。

 

ブラック2トーンとよくマッチしています。

出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_tough_wild/styling/index.html

バックドアについているエンブレム。

こちらもブラック。このエンブレムは、カッコイイ!

ハスラーとタフワイルドの内装に違いを詳しく!

ハスラーといえば、外観のカラーと同じくインパネのカラーも印象的です。

 

今回発表された‟タフワイルド”と従来のハスラーとでは、

内装はどの様に変わったのでしょうか?

見て行きましょう。

出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_tough_wild/interior/index.html

インパネのカラーは、オフブルーの色で統一されています。

タフワイルド”5色すべてがオフブルーのインパネになります。

 

オフブルー×メタリックブラック2トーンは同色系となりますが、

その他のカラーでは、内装と外観との色のギャップを感じるかも知れません。

 

この当たりは、好みが出てきそうな感じもします。

出典元:http://sp-suzukicar.jp/car/hustler_tough_wild/interior/index.html

ステアリングやエアコンルーバーの縁取りなどには、カラーリングにガンタメが使われ、全体的に高級感を感じさせる印象となっています。

ここで、従来のハスラーのインパネと比較してみましょう。

ハスラー

これはA車のインパネ。シートパイピングはありません。

ピュアホワイト

パッションオレンジ

アクティブイエロー

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

今までのハスラーは、基本、カラーリングは車体との統一感を持たせたものになっています。

ハスラーのコンセプト「ポップな遊び心」そのもの。ワクワク感がたまらなくいいですね!

こう比べてみると、‟タフワイルド”のインパネは、優しいオフブルー。

若い人との差が出るかも知れません。

FリミテッドⅡ

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_f_limited2/

JスタイルⅢ

出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_j_style3/

この様に見ていくと違いが分かりやすいですね。

‟タフワイルド”のオフブルーのインパネは、

優しさと、ホットする感じを与えてくれます。

 

そしてシートは、特別仕様jスタイルⅢと同様のタイプ。

レザー調のネイビー×ブラウン。

jスタイルⅢがこの内装で高級感を出したのと同じです。

ハスラーとタフワイルドの価格の違いはいくら?

気になるお値段のほうなのですが、新しく発売された‟タフワイルド”の、ベースとなっている車はハスラーGタイプです。

Gタイプは、2WDと4WDのCVT車なので、こちらの値段と比較してみました。

Gタイプ

FリミテッドⅡ 

タフワイルド”の価格表

2WDでの価格の違いは、Gタイプ2WD-CVT車で170万640円高くなります。

FリミテッドⅡでは、5万6千160円高くなります。

jスタイル3ではどうでしょうか?

jスタイルⅢの2WD-CVTとではjスタイルⅢのほうが、19万1千160円高くなります。

発表されている燃費ですが、2WDで32. 0km/l、4WDでも30.4km/lです。

 

ハスラーの中でも、燃費は最も良いと言えるでしょう。

 

好みはインパネのオフブルーが、全車共通な事で別れる可能性はあります。

その他を除いては、特別仕様車の‟タフワイルド”はお得と言えるでしょう。

 

燃費面での、標準車Gの低燃費性に加え、安全装備面でも充実しています。

 

価格面においては、jスタイルⅢと比べるとお得な価格設定と言えるでしょう。

その他の違いについては、機能の違いによる差ではないんので、

タフワイルド”はjスタイルⅢと比べるとお得な特別仕様車といえます。

 

そして‟タフワイルド”の外観から、今まで女性ファンの多かったハスラーに、

男性ファンが新たに加わり、幅広い層からの注目を集めそうです。